スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コッツウォルズ珍道中 Vol.3

入国にあたって、事前に聞いていたことがあります。
それは、何か聞かれたら”サイシン”(sightseeing)と言えばいい。と・・・

よーし、がんばるぞっと気合いをいれ、K君が先導して一緒に並びパスポートを見せる。
しばらくK君と審査官とのやりとりに耳を傾け(思いっきり傾けても、単語が少し分かるくらい)
自分に話しかけられるのを待つ。ドキドキ・・・

でも、
”もういい。行け、”という合図で、一言もしゃべらずに通過してしまったのでした。
「この2人は観光で、決してあやしいものではない」っと言ってくれたのでしょう・・・
K君ありがとう。

で、第一関門を突破?し、外人だらけの広い広いヒースロー空港内を歩き、
まずはカフェで一服。
ここで初めての英会話?
 ice coffee two please.thank you.

なみなみと入っているでっかいカップにイギリスを感じ
ひとまずほっとしたのでした。

ヒースロー


今回の予定では、今日中にヒースローから脱出しコッツウォルズに向かわなくてはいけません。
目的地のカッスルクームのB&Bまでは、高速を走って2時間半くらいかかります。
ほっとするのも束の間、レンタカーを借りに送迎バスで営業所に向かいます。

そしてここで、最初のトラブル発生・・・
レンタカーは日本で予約をしてきたのですが、その控え(プリントアウトしたもの)を
忘れてきてしまったのです。
20時を過ぎていたこともあり、予約確認がとれず中々手続きが終わりません。
結局、保証料を一旦支払い何とか借りることができ、ひとまずクリアー。

日本だと、この車をどうぞ・・ですが
イギリスでは、数台の中から好きなものをどうぞ・・みたいです。
なるべく小型車を選び(2人ともちっちゃいので)
K君のあとに続く。
日本と同じで、右ハンドル左側通行なので心配もなくスタート。
と思いきや、この営業所を出るところにゲートが・・・
K君、何やらゲートのおじちゃんと話し、しばらくするとゲートオープン・・・
私たちにも同じく、×△○△×○・・・PAPER?
イギリスに来てはじめての問いかけに、分かるはずもありません。
聞こえたのはペーパー?
紙を渡せってか?
でもそんなものもらった覚えもないしー・・・
ってあせりまくっていると、心配したK君、車から降りてきて”どうしたんですか?”
紙?
車に戻ったK君、僕が持ってました

やっとの思いで事は解決し、ゲートを開けてくれたおじちゃん
安堵の笑みで私たちを見送ってくれたのでした。

時は20時半近く、急いでM4に入り(無料の高速道路で制限時速は112Km)いきなり夜の
初ドライブとなる。とは言え時差ボケと疲れで目は閉じてくるし
先導のK君のあとを必死で追いかけ、10時半ごろ無事にB&Bに到着。
真っ暗な森の中、周りの様子は明日のお楽しみにして、皆で無事到着を祝い
Teaで乾杯。
ツカレマシタ!

即刻、コッツウォルドのベッドにもぐり込んだのでした・・・。

イギリス 2 010



スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。